※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

PayPalでの現金化の方法とは?その方法とリスクを解説

2億5,000万人が利用しているPayPal

日本ではまだ馴染みがないPayPalですが、全世界で2億5,000万人以上が利用し、対応店舗数は1,800万以上ととても流通している決済サービスです。

クレジットカードはMasterCardやVISA、JCBのブランドに対応しているので、ほとんどをカバーしていると判断して良いでしょう

PayPalの公式ページにてクレジットカードなどの情報を事前に登録すると、その後はIDとパスワードを入力するだけで、決済することが可能のなるのです。
セキュリティ面に不安があるという人にもってこいのサービスと言えますよね。

そのメリットを利用するためか、海外のオンラインショッピングに利用する人が多いようです。
海外ですとハッキングなどの心配がありますからね。

PayPalは決済以外にも送金することも可能で、友人などが別のPayPalアカウントを所有していれば、そこへ送金することができます
送金には上限が設定されていて、1回100万円までとなっています。

PayPalの現金化の方法とは

全世界で利用されているPayPalですが、現金化をすることができます。

その方法は、まずPayPalが対応しているオンラインショップで、購入可能な商品を購入し、その後買取ショップで転売することで現金が手に入ります
いかに売った時に高く売れる商品を探すかがポイントです。

もう1つあって、それは複数アカウントを利用した方法です。
まずPayPalでアカウントを2つ作成します。
別のアカウントに送金できるシステムを利用し、片方のアカウントから別のアカウントへクレジットカードで送金するのです
すると別のアカウントの銀行口座には現金が振り込まれますので、引き出せば現金化の完了です。

ですがこの方法には欠点があり、引き出すのに時間を要するということです。
送金してから3営業日ほど要するため、即日現金が欲しいという人には向いていません。

複数アカウントで利用停止も?

解説した現金化の方法で複数アカウントを利用した方法ですが、かなりのリスクを秘めています。
というのも、PayPalでは複数アカウントの作成を行ってはいけないと利用規約に記載されているため、発覚した場合はペナルティを受けてしまうということです

PayPalもこのシステムを利用して現金化をすると認識しているので、監視体制はかなり厳しくしかれています。
そのため、複数アカウントをもし発行できても、送金したらすぐに発覚してしまうでしょう。

1度の送金で100万円までとご紹介しましたが、これは本人確認書類を提出し審査を通貨した場合で、基本的には1度に10万円までしか送金することができません

ですので、複数アカウントによる現金化は、リスクに対してのメリットが少ないと言えるでしょう。

まとめ

PayPalは全世界で利用され、MasterCardやVISA、JCBのクレジットカードに対応しているので、利用した際はかなり便利に感じるでしょう。

現金化することもできますが、複数アカウントを発行しなければならず、リスクを伴います。

リスクを回避したいという人は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化をお勧めします。
現金化業者に依頼することで、低リスクに現金化を行うことが可能です。

ネットで検索すると多数の業者があるので、口コミなどを参考に探してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化をお考えの方は

 あんしんクレジットにお申し込みは
 合わせて読みたい記事

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら