弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

スマホアプリで使える新・後払いシステム3つを徹底比較!

atone

atone(アトネ)は、オンラインショップの代金を1ヶ月まとめて後払いできるシステム。
1ヶ月の利用代金を、翌月20日までに支払えばオッケーです。
コンビニで現金払いできます。

atoneで買い物をすると、ポイントが貯まります。
貯まったポイントを、支払い代金にあてることもできるので、実質的な値引きにすることができます。

利用できる上限金額は5万円
翌月にまとめて支払える、ちょうど良い金額と言えそうです。

登録・年会費は無料。
買い物をした月だけ、請求費として90円がかかります。
スマホアプリで買い物履歴をいつでも確認できるので、とても便利です。

ただ、atoneを使えるオンラインショップがまだ少ないところが難点です

・7lens(コンタクトレンズ通販)
・めちゃコミック(電子コミックストア)
・アンカー・ジャパン(モバイルバッテリー等)
・エージス東京(ミリタリーショップ)
・SMBrand(ファッションアイテム・雑貨)

あまり、メジャーなショップがないですね……
atone後払いシステムを使って、クレジットカードのショッピング枠のように現金化するにしても、現金化できそうなアイテムを購入できる店舗がありません。

paidy

paidy(ペイディー)は、メールアドレスと電話番号だけで決済できる後払いシステム。
クレジットカードを登録する必要もありません

1ヶ月分の利用代金について、翌月1~3日の間にメールとSMSで請求の案内が届きます。
10日までに、コンビニか銀行振込、口座振替で支払いができます。

利用限度額は、個人の与信によって変動します。

また、paidyは分割払いができる点が大きな特徴です
15,000円以上の買い物であれば、3回・6回・12回などの分割払いに変更することも可能です。
ただし、分割払いを利用する際は審査があるため、審査に通らなければ利用できません。

paidyを利用できる店舗は、以下の通りです。

・BUYMA(海外ファッション通販)
・SHOPLIST(ファッション)
・DEAN&DELUCA(食品・飲料)
・PEACH JOHN(下着)
・エアトリ(航空券)
・ラクマ(フリマアプリ)

atoneよりは、メジャーな店舗もあって、充実していますね。
ただ、クレジットカードのショッピング枠のように、現金化に活用できるアイテムがあるかというと、非常に少ないでしょう。
BUYMAで海外ブランド品を買うくらいしか選択肢がありません。

バンドルカード

バンドルカードは、Visaの加盟店で支払いができるプリペイドカードです。
ネットでもリアル店舗でも使えるリアルカードと、ネット専用のバーチャルカードの2種類があります。
バーチャルカードは、アプリをダウンロードすれば、その場ですぐに発行できます。

バンドルカードはプリペイドカードですから、基本的には現金をチャージして使うのですが、「ポチっとチャージ」を使うと、その場でお金がなくてもアプリ上で、最大2万円チャージできるのです
最大2万円の後払いシステムと言えますね。

ポチっとチャージでチャージした金額については、翌月末までに支払えば良いので、支払い期間にもゆとりがあります。

ただし、ポチっとチャージには、手数料がかかります

3,000~10,000円利用 → 手数料500円
11,000~20,000円利用 → 手数料800円

決して安くはない金額です。

それでも、Visaプリペイドカードですから、多くのショップで使うことができます。
例えば、Amazonギフト券をバンドルカードで購入して、買取サイトに転売すれば、クレジットカードのショッピング枠のように、現金化することも可能です。

3つのシステムのメリット・デメリット

3つの後払いシステムについて、メリット・デメリットを比較してみましょう。


メリット:手数料は請求費90円のみ、利用限度額5万円
デメリット:利用できる店舗が少ない


メリット:利用できる店舗はまあまあ多い、分割払いができる
デメリット:利用限度額は個人の与信によって変動する

<バンドルカード>
メリット:利用できる店舗が非常に多い、
デメリット:手数料が高い、利用限度額2万円と低い

クレジットカードのショッピング枠のように現金化に活用できるという点で言えば、バンドルカードがもっとも使いやすいのではないでしょうか

まとめ

スマホアプリで使える、新しい後払いシステムを3つ紹介しました。
バンドルカードは、スマホアプリですぐに発行できて、すぐにチャージできるので、とても便利です。

利用店舗が非常に多いので、換金性の高い商品を見つけることができれば、効率的に現金化ができます。
手数料が高いことだけが難点ですから、手数料も計算に入れて、なるべく高く現金化できる商品を見つけたいところです。

換金率のもっとも高い商品は、おそらくAmazonギフト券でしょう。
バンドルカードのポチっとチャージを使って、クレジットカードのショッピング枠のように、現金化に活用してください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら