弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

病院に行きたいけれど健康保険証を持っていない場合はどうする!?

すでに加入している状態なら3割負担

健康保険制度は、非常にありがたい制度です。
病院に行った時、治療費は3割だけの負担で済みますからね。
いつケガや病気になってしまうかは、分かりませんので、健康保険証を持っていれば、いざという時でも安心して受診できます。

それでは、何らかの理由で、健康保険証を持っていない人はどうしたら良いのでしょうか。

転職をしたり、引っ越しをしたりと、職場や住所が変わったことで、健康保険証の切り替え手続き中のために健康保険証を持っていない場合は、病院や薬局の会計窓口でその旨を伝えてください

健康保険に加入している状態であれば、手元に健康保険証がなくても、3割負担になります。
ひとまず全額(10割)負担で払って、後で差額を返金してもらうことができます
病院・薬局によっては、保険証が届くまで、会計を保留しておいてもらうこともできるようです。
病院・薬局の会計窓口で相談してみてください。

病院での仮払いも可能・役所で健保加入を相談

健康保険証の切り替えのタイミングで、たまたま持っていない場合はほとんど問題ないのですが、国民健康保険料が支払えないという理由で、健康保険証を持っていない人はどうしたら良いのでしょうか。

健康保険に加入していなければ、基本的に治療費は全額(10割)負担となってしまいます。
ただ、国民健康保険料を支払えない人が、治療費を10割負担で支払うことはかなり厳しいでしょう。
そんな苦しい時期に限って、病気やケガになってしまうんですよね……。

そんな時は、治療費が支払えないからといって、病院に行くのをあきらめるのではなく、病院に行って相談してみてほしいと思います。
治療を先延ばしにして、症状が悪化してしまっては元も子もないですからね。

「お金がないから払えない」ではなく、「今日は2,000円だけ支払いますので、残りは後日の支払いにさせてください」とお願いすれば、病院の窓口の人は無理に全額の支払いを求めないでしょう

1,000円でも2,000円でもいいので、仮払いをしておくことで、病院側も「きちんと支払う意志があるんだな」と、認めてくれるケースが多いのです。

ただ、そのままでは10割負担ですから、支払いが厳しいことには変わりありません。
何とか健康保険に加入して、健康保険証を手に入れる必要があります。

まずは、お住いの市町村役場に行って、健康保険の加入について、相談してみてください。
健康保険料を分割で納付するなど、なるべく生活に負担がかからないような方法を提示してくれますから、少しずつでも健康保険料を支払って、健康保険証を手に入れてください。

クレジットカードのショッピング枠に空きがあるなら、現金化業者に依頼して、クレジットカードのショッピング枠を現金化することで、健康保険料の支払いに充てることもできます。

全国558カ所で無料低額診療を実施

それでも、どうしても健康保険料を支払えないという人もいるでしょう。
経済的な理由で病院にいけないという人たちのために、「無料低額診療」という制度があります。
無料低額診療を実施している医療機関を受診すれば、診療費3割の自己負担を減額もしくは免除になるという制度です

厚生労働省のデータによると、無料低額診療を実施している病院・診療所は558施設(2012年度)。
少なくともすべての都道府県に1ヶ所以上ありますから、お近くの医療機関で実施しているところを調べてみてください。

無料低額診療を実施している病院を見つけたら、そこへ相談してみましょう。
医療ソーシャルワーカーや医療相談員と呼ばれるスタッフが、親身に話を聞いてくれます。
そこで、経済状況などの理由で医療費の減免措置が適用できるかどうかを判断されます。
場合によっては、給与明細・預金通帳・年金記録などのコピーの提出を求められることもあります。

この医療費減免措置は、全国で一律の基準があるわけではありません。
それぞれの医療機関が、それぞれの基準で判断します。
これはあくまでも目安ですが、収入が生活保護基準(最低生活費)の120〜150%以下であると、認められるケースが多いようです。

健康保険に加入しておらず、無料低額診療を利用したいという人は、無料低額診療を実施している医療機関で、減免措置を受けられるかどうか相談してみてください。

「医療扶助」だけ生活保護を申請

生活が困窮している人のためのセーフティネットとして、生活保護があります。
生活保護は、実は8項目に分かれているのです。

食費や光熱費は「生活扶助」、家賃は「住宅扶助」となります。
そして、病院で治療や検査を受ける診察代を「医療扶助」といいます。

アルバイト・パートによって収入はあるものの、所得が低すぎて、健康保険に入れないという人は、「医療扶助」だけ生活保護にすることができます。

生活保護の認可を受けるにはかなり条件が厳しいですが、思いがけず急病になってしまって、働けなくなってしまったという場合、「医療扶助」だけに限定して申請すると、認可が得られることもあるようです。

生活保護の認可が下りれば、病院で治療・診察を受けても、医療費を支払う必要はありません
急病で働けずに収入がないなど、厳しい状況にある場合は、役所に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

健康保険証を持っていない人が、病気になってしまった時の対処法を解説しました。

・応急処置として病院で仮払いにしてもらう
・役所で健康保険の加入を相談する
・無料低額診療を実施している医療機関を受診する
・「医療扶助」だけ生活保護を申請する

病気やケガになってしまった時は、健康保険証がないからといって、病院で治療を受けるのをあきらめずに、上記の方法を実践してみてください。
治療を受けないで、病気・ケガが悪化してしまったら、より治療費がかかってしまいますからね。

ただ、これらの方法は、役所へ行って相談しなければならないので、非常に時間がかかってしまいます。
とにかく、今すぐ病院に行く費用が欲しい時は、クレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者の利用をオススメします。
現金化業者に依頼すれば、早ければ30分で現金を手に入れることができますよ。

クレジットカードのショッピング枠に空きがあるかどうか、今すぐ確認してみてください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら