弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

デビットカードって現金化できるの!?唯一の例外もあります

大手銀行も発行を開始したデビットカード

皆さんは、デビットカードを持っていますか?
近年、ネット銀行だけでなく、大手銀行も続々とデビットカードを発行しているため、認知度が上がり、所有者が増えています。

デビットカードとは、VISAやMasterCardなどの国際ブランド加盟店でショッピングができて、商品を購入した時に代金が銀行口座から即座に引き落としとなるカードのことです

VISAなどのマークが入っているため、クレジットカードと混同されがちですが、両者には後払いと前払いという大きな違いがあります。

クレジットカード……後払い。利用限度額以内であれば、決済できる。分割払いもできる
デビットカード……前払い。銀行口座の残高からすぐに引き落とされる。分割払いはできない

デビットカードは前払いですから、発行するのに審査はありません。
クレジットカードの審査に通らない人でも、発行することができるというメリットがあります。

ただし、デビットカードは前払いで銀行口座と直結していますから、クレジットカードのショッピング枠のように現金化することはできません

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカードの特徴を見てきましたが、メリット・デメリットに分けて、整理してみたいと思います。

<メリット>
・前払いのため、使い過ぎる心配がない
・お金の管理がしやすい
・審査不要で15歳以上なら誰でも持てる
・ポイントやキャッシュバックを得られる
・海外ATMで現地通貨を引き出すことができる
・ショッピング保険、不正利用補償が付いている

デビットカードは「前払い」が一番のポイントです。
銀行口座の残高以上は使えませんから、借金をしてしまうこともありません。
ついついクレジットカードで使い過ぎてしまうという人には良いかもしれませんね。

審査不要で、15歳以上なら誰でも持てますから、しっかりとお金を管理したいという人は、デビットカードを作ると良いでしょう。
海外ATMにも対応していて、現地通貨で引き出すことができるので、海外旅行好きの人は持っておいて損はありません

<デメリット>
・ポイントやキャッシュバック還元率が低い
・高速道路など一部で利用できない
・分割払いはできない
・現金化もできない

このコラムを読んでいる人にとって、最大のデメリットは「現金化できない」ことかと思います。
後払いではないので、デビットカードで商品を購入すると、すぐに銀行口座から代金を引き落とされます。
立て替え払いではないため、クレジットカードのショッピング枠のように現金化することはできないのです。

立て替え機能のあるデビットカードがある

1つだけ例外があります。
それは、立て替え機能があるデビットカードです
立て替え機能とは、銀行口座の残高が不足している時に、立て替えてくれるというものです。

イオン銀行が発行している「イオンデビットカード」は、その立て替え機能があります。
銀行残高が不足していても、10万円まで立て替えてくれるのです。
立て替えた金額は、後日支払うという流れです。

もちろん、この立て替え機能は後払いで、クレジットカードのショッピング枠のようなものですから、発行には審査が必要となります。
イオンデビットカードは、クレジットカードの機能も持ったデビットカードと言えるでしょう。

つまり、イオンデビットカードなら、立て替え機能の10万円までは現金化に活用できるということですね
ただ、その場合は自分で換金性の高い商品を買って、自分で転売しなければなりませんから、時間も労力もかかります。

クレジットカードを持っているなら、現金化業者に依頼したほうが、時間も労力もかからずに現金化できると思います。

まとめ

見た目はほとんど同じですが、デビットカードは前払い、クレジットカードは後払いという大きな違いがあることが分かりました。
そのため、デビットカードでは現金化できません。

唯一の例外として、イオンデビットカードは10万円までの立て替え機能があるため、現金化に活用することができます。
ただ、クレジットカードのように、発行するためには審査があります。

イオンデビットカードで現金化するよりも、クレジットカードのショッピング枠で現金化できる現金化業者の利用がオススメです。
自分で現金化するより、安全かつスピーディに現金を手に入れることができますからね。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら