弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

クレジットカード現金化のリスクとは!? 気をつけるべき3点も解説

クレジットカードの利用停止になる可能性も

クレジットカードのショッピング枠の現金化を、行ったときのリスクとは何でしょうか。

前提として、知っておいていただきたいことは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、クレジットカード会社が利用規約で禁止しています

ショッピング枠を現金化してまで、現金を手に入れようとしている人は、よほどお金に切羽詰まっている状況ですから、その後のカード支払いができなくなってしまうケースも少なくありません。
クレジットカード会社としては、いくらカードを利用してもらっても、お金を支払ってもらえなければ、経営が立ち行かなくなってしまいますからね。

そのため、クレジットカード会社にショッピング枠を現金化していることがバレたら、クレジットカードの利用停止という措置を取られる場合があります

利用停止でクレジットカードが使えなくなってしまうと、かなり困りますよね。
クレジットカード会社に現金化がバレないように、気をつけなければなりません。

ただ、もう一つお伝えしておきたいのは、現金化は違法ではないということです。
カード会社が利用規約で禁止しているだけで、法的な拘束力はありません。

仮に現金化がバレても、警察に逮捕されることはないでしょう。
現に、いままで自分のクレジットカードを現金化した人が捕まったという事実はありませんから。
詐欺的な悪質業者が逮捕されたケースがあるだけです。
その点は、安心してほしいと思います。

カード会社が規約で禁止しているため、いわばグレーな行為ではありますが、違法ではないのです。

キャッシング枠が上限に達している人は要注意

どうして、クレジットカード会社に現金化がバレるのでしょうか?

カード会社は、利用者の購入履歴を常にシステムで監視しています。
そして、現金化が疑われる利用履歴を、自動的にピックアップできるように、システム化されているのです。

まず、一番現金化を疑われるのは、クレジットカードのキャッシング枠が上限に達している人です。
キャッシング枠がいっぱいでこれ以上お金を借りられないから、ショッピング枠を現金化するのではないかと、真っ先に疑われてしまうのです。

次に、ショッピング枠で購入すると、現金化を疑われてしまう商品があります。
・金券、商品券など換金性の高い商品の大量購入
・ブランド品など換金性の高い高額商品の購入

現金化に利用されることが多かったため、現在では金券・商品券をクレジットカードで購入できなくなりました
それでも、換金性の高い商品はまだまだあります。
例えば、高級ブランド品。1回だけならまだしも、何回も買っていたら、「なんで同じ商品を何回も買っているんだ? 現金に変えようしているのでは?」と、疑いの目を向けられやすくなってしまうのです。

利用停止にならないために気をつける3つのこと

クレジットカードが使えなくなってしまったら不便です。
利用停止とならないように、以下の点に気をつけておきましょう。

・キャッシング枠を使い切らない。余裕を持たせておく
・換金性の高い商品ばかりを購入しない
・現金化目的のカード利用を繰り返さない

この3点を徹底していれば、クレジットカードの利用停止という事態は防げるのではないかと思います。

ただ、それでもやっぱり、自分での現金化はリスクがあることが分かりました。
実は、現金化業者を利用して、現金化したほうが、カード会社にバレるリスクはぐっと低くなります。

なぜならば、現金化業者はカード決済代行企業を通じて、商品を購入するので、カード会社は「何を購入したのか」が把握しづらくなるためです。

何を購入したかが分からなければ、現金化に利用したと判断することもできませんから、利用停止になる可能性は非常に低いでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化のリスクを、お分かりいただけたでしょうか。
クレジットカードが利用停止になるおそれがあるため、カード会社に現金化を疑われる行為はできるだけ控えてください。

もっともリスクを低く現金化する方法は、現金化業者に依頼することです。
クレジットカードのショッピング枠に空きがあれば、審査もなく、誰でも現金化が可能です。
優良な現金化業者を見つけて、安全に取引しましょう。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら