弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

今さら聞けないクレジットカードの「締め日」「支払い日」をおさらい

「締め日」で請求金額が確定して「支払い日」に引き落とし

支払い日とは、クレジットカードの利用代金が、銀行口座から引き落とされる日のことです。
支払い日の1週間~10日前までに、クレジットカード会社から「お支払い金額のお知らせ」というメールが届くことと思います。
その利用代金を確認して、支払い日までに銀行口座に入金を済ませておきましょう。

支払い日が土・日・祝日の場合は、翌営業日になります。
支払い日が少し遅くなったと安心せずに、早めに入金して、残高不足で引き落としできないという事態にならないように、注意してください。

次に、締め日とは、1ヶ月の支払い金額の請求が、確定する日です。
例えば、締め日が毎月10日のクレジットカードなら、10日に請求金額(利用金額)が決定します。

つまり、前月11日~今月10日に利用した金額が、支払い日に請求されるというわけです。
11日以降のショッピング枠の利用については、翌月の締め日に請求金額が確定することになります。

ただ、締め日に近い日、締め日当日の利用分が、翌月分に回されることもあります
10日が締め日なのに、9日にカードで買い物した請求が記載されていない経験をしたことがある人も多いでしょう。

これは、加盟店でのカード利用が、必ずしも即カード会社に反映されるとは限らないからです

クレジットカードのショッピング枠を現金化する時も、締め日と支払い日を確認して、いつ支払う必要があるかをしっかりと認識しておきましょう。

主なカードの「締め日」「支払い日」

クレジットカードによって、「締め日」「支払い日」は異なります。
代表的なカードの「締め日」「支払い日」を挙げますので、お手持ちのカードがあれば、チェックしておいてください。

<銀行系カード>

カード名 締め日 支払い日
三井住友VISAカード 15日(または月末) 翌月10日(または翌月26日)
三菱東京UFJ(MUFG)カード 5日 27日
DCカード 15日 翌月10日
アプラスカード 5日 27日

<信販系カード>

カード名 締め日 支払い日
オリコカード 月末 翌月27日
ニコスカード 5日 27日
ライフカード 5日 27日
OMC(セディナ)カード 月末 翌月27日

<流通系カード>

カード名 締め日 支払い日
セゾンカード 10日 翌月4日
イオンカード 10日 翌月2日
エムアイカード 5日 26日
東急カード 10日 翌月15日
ファミマTカード 11日 翌月1日
セブンカードプラス 15日 翌月10日
エポスカード 5日(または28日) 翌月4日(または翌月27日)

<ネット系カード>

カード名 締め日 支払い日
Yahoo!カード 月末 翌月27日
楽天カード 月末 翌月27日
Amazon Mastercard 月末 翌月26日

クレジットカードによって、まったく異なることが分かります。
ショッピング枠を現金化する時、お手持ちのカードの「締め日」「支払い日」をチェックして、一番支払いを後回しにできるカードを選ぶという方法もできますね

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払い日には、自身で設定した支払い方法で利用金額を支払います。

<一括払い>
利用金額を一括でまとめて返済します。
金利手数料もかからないため、一番お得な返済方法です。

<分割払い>
クレジットカードを利用した時、分割払いで決済することもできます。
すると、利用金額を支払い回数で割った金額が、支払い日に請求されます。
分割払いできる回数は、クレジットカードによって異なります。
ただし、分割払いには、別途金利手数料がかかります。
毎月の返済金額に金利手数料を加えて、支払うのです。
ただし、2回払いに限り、金利手数料がかかりませんので、2回払いをうまく活用すると良いでしょう

<リボ払い>
分割払いは支払い回数を指定するのに対し、リボ払いは毎月の支払い金額を固定させる返済方法です。
もちろん金利手数料はかかりますが、毎月1万円+金利を返済など、無理なく支払っていくことができます。

ショッピング枠を現金化した時の利用金額も、なるべく一括払いか2回払いで支払って、金利手数料を負担しないように心がけたいですね。

まとめ

クレジットカードの「締め日」「支払い日」について、解説しました。

特に「締め日」を意識して、カードを利用することで、支払い日をコントロールすることができます。
締め日ギリギリで使えば、場合によっては2ヶ月後の支払いにもできますからね。

ショッピング枠を現金化する時も、「今すぐに現金が欲しい!」のでなければ、締め日ギリギリに現金化業者を利用するというのもアリですね。

余裕を持って返済するためにも、「締め日」「支払い日」も考慮してみてください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら