弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

クレジットカードのキャッシングのリボ払いは使えるのか!?そのリスクを検証

実質年率18.0%と非常に高い

クレジットカードを作る時、キャッシング枠の利用を申請して、審査が通ると、キャッシング(お金を借りること)が可能となります。

キャッシングは、コンビニや銀行のATMにカードを入れて、暗証番号を入力するだけで、簡単にお金を借りることができます。
とても手軽ですので、つい借りすぎてしまう危険性があるのです。

借りたお金を、1ヶ月以内に一括で返済できるなら、わずかな利息で済みますが、リボ払いで毎月一定額を返済するとなると、かなり返済に時間がかかることになるでしょう。
なぜなら、クレジットカードのキャッシングは、非常に利息が高いからです。

<キャッシングの実質年率>
楽天カード    18.0%
三井住友カード  18.0%(100万円以上は15.0%)
エポスカード   18.0%
ACマスターカード 3.0〜18.0%(100万円未満は18.0%)

ほぼすべてのカードが18.0%ですね。
ショッピング枠のリボ払いでは、実質年率が15.0%のカードがほとんどですから、キャッシングのほうが3ポイントも高くなります。
たった3ポイントと思うかも知れませんが、「チリも積もれば山となる」です。

例えば、5万円をキャッシングした時、一括返済とリボ払いを比較してみると……

・30日後に一括返済
支払い回数 1回
返済金額 50,740円
支払い利息 740円

・30日後から1万円ずつ返却(元利定額リボルビング)する場合
支払い回数 6回
返済金額 52,343円
支払い利息 2,343円
※元利定額リボルビングとは、元金+利息=元利。支払い額に利息も含めて返済する方式のこと

2,343-740=1,603円も多く利息を払うことになります。
5万円という低額でもこれだけの利息がかかるのですから、もっと高額を借りた場合は推して知るべしです。

ショッピング枠を現金化するより、キャッシングのほうが手軽にできますが、利息を考えると、キャッシングはあまりオススメできないのです

キャッシング枠はショッピング枠に含まれる

キャッシングのリボ払いは、利息の高さが一番のデメリットですが、ほかにもあります。

<クレジットカードの利用枠を埋めてしまう>
キャッシング枠とショッピング枠の限度額は、別々に設定されているものと勘違いしている人がいますが、キャッシング枠はショッピング枠に含まれています
例えば、

キャッシング枠の限度額 20万円
ショッピング枠の限度額 50万円

という場合、キャッシング枠で上限いっぱいの20万円を借りていたら、ショッピング枠では50万ー20万=30万円が限度額となるのです。

つまり、リボ払いでキャッシングすることで、カードの限度額を長期にわたって埋めてしまうことになります。
キャッシングの返済が長期になればなるほど、ショッピング枠も削られたままで、あまり使えなくなってしまうのです。

さらに、キャッシング枠を上限いっぱいに借りていると、ショッピング枠で換金性の高い商品を購入して現金化した時に、クレジットカード会社から「キャッシングでは足りなくて、ショッピング枠を現金化しているのではないか?」と、目を付けられやすくなってしまいます。
カード会社に現金化がバレてしまったら、クレジットカードが利用停止になってしまいますから、かなりリスクが高いです。

<借金への抵抗がなくなる>
キャッシングの一番怖いところは、借金に対する抵抗がなくなってしまうことです。
いくらキャッシングしても、毎月ほぼ一定額の返済しかしなくていいので、ちょっとお金が足りなくなると、すぐに追加でキャッシングしてしまうのです。

いま、キャッシングの未払い残高がいくらあって、利息がどのくらい付いているのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

キャッシングのリボ払いをやめるには

キャッシングのリボ払いをやめたい時は、どうしたら良いのでしょうか。
いくつかの対策を紹介します。

・キャッシング枠を0円に変更する
クレジットカードのキャッシング枠を使えなくすれば、ATMで手軽に引き出せなくなります。
カード会社のWebページから申し込むか、コールセンターに電話をかけることで、0円に変更することができます。
ただし、いまキャッシング枠でお金を借りている場合は、すべて返済してからでないと変更できませんので、注意してください。

・毎月の返済額をできるだけ大きくする
リボ払いの返済額は、Webページで自由に設定することができます。
毎月1万円の返済でなく、2万円、3万円と増やしてください。
返済額を増やせば、それだけ返済期間も短くなって、利息も少なくなりますからね。
もちろん生活に支障がない範囲でですが、できるだけ返済に充てることをオススメします。

・臨時収入を返済に充てる
リボ払いの返済額は、臨時の返済をすることも可能です。
ボーナスが入ったり、ギャンブルで大勝ちしたりと、臨時収入が入った場合は無駄遣いせずに、返済に充てましょう。
返せる余裕のある時に臨時で返済をしておくと、利息が減って、返済回数も減るため、後で非常に楽になります。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠のリボ払いについて解説しました。
キャッシングは、実質年率18.0%と非常に高いため、その後の返済において大きな負担となります。
できるだけ、キャッシングを利用しないようにしてください。

キャッシング枠を上限いっぱいに借りていると、ショッピング枠で普通に買い物をしても、クレジットカード現金化を疑われてしまうリスクもあります。
ショッピング枠の現金化を考えている人は、キャッシング枠をきちんと返済してから行うことをオススメします。
クレジットカードが利用停止になってしまっては大変ですからね。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら