弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

キャリア決済の現金化が、携帯電話会社にバレたらどうなる!?

キャリア決済って何!?

キャリア決済とは、携帯電話の料金と一緒に支払いができる仕組みです。
スマホアプリの課金やネットショッピングで利用することができます。
クレジットカードのショッピング枠に似ていますね。
例えば、皆さんもLINEスタンプを購入して、携帯電話料金の支払いのときに一緒に引き落とされていた経験がある人も多いのでは?

<3大キャリアのキャリア決済名>
docomo……ドコモケータイ払い
au……auかんたん決済
softbank……ソフトバンクまとめて支払い

クレジットカードを持っていなくても、クレジットカードのショッピング枠での決済のように、後払いにできることが大きなメリットです。

キャリア決済の限度額は、携帯電話の契約年数に比例して、増えていく仕組みになっています。
あくまでも目安ですが、限度額は、契約したばかりだと月2万円、契約2年以内だと月3万円、契約2年以上になると月5万円というケースが多いようです。
さらに、限度額の増額を申請することで、最大で月10万円にまで増額できるんだとか。
契約年数が2年以上で、支払いの遅延などがなければ、認められる場合が多いかと思います。

自分が契約しているキャリア(docomo、au、softbank)のマイページで、「ご利用限度額」を確認することができますので、一度調べてみてください。

キャリア決済の現金化は違法!?

クレジットカードを持っていなくても、商品を購入できるキャリア決済。
ショッピング枠の現金化のように、キャリア決済でも現金化できそうですね。

ただ、1つ気になるのは、キャリア決済の現金化が「違法」なのではないか? ということです。
さっそく結論から言いますと、キャリア決済の現金化は違法ではありません。

自分で購入した商品を買い取り業者に売って、現金を手に入れる。
これは普通の商取引として、何ら問題ないのは、火を見るよりも明らかです。
現金で買った商品は売っても良くて、キャリア決済で買った商品は売ってはいけないなんて法律はありません。
商品を現金で買おうが、キャリア決済で買おうが、買い取り業者に売るのは本人の自由ですからね。

もちろん、これまでにキャリア決済枠を現金化した人が、違法性を問われて、警察に逮捕されたという事例もないです。

利用規約で現金化を禁止している

しかし! キャリア決済は違法ではないですが、携帯電話会社3社(docomo、au、softbank)では、利用規約でキャリア決済の現金化を禁止しています。

ドコモケータイ払い spモード利用規約内
「お客さまは、現金等を得る目的で、コンテンツ決済サービスを利用してはなりません。」

auかんたん決済 会員規約内
「本サービスは、代金の支払手段を提供することを目的としたサービスであり、会員は、現金化を目的として本サービスを使用してはならず、また違法な取引に使用してはなりません。」

ソフトバンクまとめて支払い 利用規約内
「現金類に換金することを目的として商品等の購入にご利用可能額を利用していると当社が判断した場合、本サービスの全部もしくは一部の提供を停止し、またはすでにご利用を受け付けたものについても取りやめることがあります。」

このように、携帯電話会社ではキャリア決済の現金化を禁止しています。
そのため、キャリア決済の現金化がバレてしまった場合、キャリア決済の利用を制限、もしくは停止されてしまう可能性が高くなってしまいます。

キャリア決済を利用できなくなるだけならまだしも、最悪のケースでは、携帯電話の強制解約や、ブラックリストに入ってしまうこともあるようです。
このような重い処分になるのは、キャリア決済を現金化に利用しただけでなく、利用代金を何ヶ月も滞納したり、携帯電話会社からの連絡にまったく応じなかったりする場合だと考えられます。

換金性の高い商品の大量購入でバレる

では、携帯会社に現金化がバレるのは、どんなケースなのでしょうか?

もっとも多い事例は、換金性の高い商品を、大量に購入している場合です。
近年では、Amazonギフト券やiTunesギフトカードが、現金化によく利用されてきました。
オンラインで、デジタルコードを入力するだけで利用できるため、ギフトとして送る相手にいちいちカードを郵送しなくても、デジタルコードを伝えるだけで使えるようになると、非常に便利だからです。

そのため、架空請求の詐欺にも悪用されてしまいました。
LINEに、知らない人から「iTunesギフトカードを買ってきて、コード番号を教えて」とメッセージが来たことがある人も多いでしょう。

つまり、Amazonギフト券やiTunesギフトカードを大量に購入してしまうと、現金化を疑われてしまうのですが、もう現在ではキャリア決済でAmazonギフト券やiTunesギフトカードを購入できなくなりました

携帯会社でも、Amazonギフト券やiTunesギフトカードが、キャリア決済の現金化に利用されるケースが多かったのでしょう。
2018年2月に、大手キャリア3社が相次いで、iTunesギフトカードなどのキャリア決済での販売を中止したのです。

キャリア決済を利用して、現金化を行うのは、非常に難しくなっていると言えますね。
クレジットカードのショッピング枠での現金化をオススメします。

まとめ

キャリア決済の現金化は違法ではありませんが、利用規約で禁止されています。
換金性の高い商品を大量に購入すると、携帯会社にバレるリスクが高くなってしまいます。

また、携帯会社も対策を打ち出しており、換金性の高いAmazonギフト券やiTunesギフトカードは、キャリア決済で購入できなくなりました。

結論として、キャリア決済の現金化は、手間や時間がかかる上に、利用停止のリスクもあるため、あまりオススメできません。
それよりも、クレジットカードのショッピング枠を現金化する、現金化業者を利用したほうが、安全に現金を手に入れることができるでしょう。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら