弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

クレジットカード現金化に潜むリスクとは!?回避のための対策も解説

カードローンのデメリットと現金化のメリット

急に現金が必要になった時、皆さんはどうしますか?
「カードローンでお金を借りる」という人が多いのではないでしょうか。

ただ、カードローンでお金を借りる場合、審査がありますから、審査に通らなければお金を借りられません。
定職を持っている人なら通りやすいですが、専業主婦で会ったり、すでに多額の借金をしていたりすると、審査が通らない可能性もあります。

その審査の時に、職場に在籍確認の電話がかかってきますから、お金を借りようとしていることがバレてしまいます。
さらに、信用情報機関に「お金を借りた」という記録が残ってしまいます

<カードローンのデメリット>
・審査に通らなければお金を借りられない
・在籍確認の電話があるため、職場にバレる可能性がある
・信用情報機関にお金を借りた記録が残る

一方で、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は、審査がありません。
ショッピング枠に空きがあれば、誰でも利用できます。
もちろん、在籍確認の電話もかかってきませんから、職場にバレる心配もありません。
そして、キャッシングでお金を借りている訳ではないので、信用情報機関にお金を借りたという記録も残りません

<クレジットカード現金化のメリット>
・審査がない
・ショッピング枠に空きがあれば誰でも利用できる
・在籍確認の電話がないので職場にバレない
・信用情報機関にお金を借りた記録は残らない

他の人に知られることなく、お金を用意したい時には、クレジットカード現金化がうってつけであると思います。

クレジットカード現金化の3つのリスク

ただし、クレジットカード現金化にもリスクがあります。
そのリスクがあるからこそ、世間ではグレーなイメージがはびこっているとも言えるでしょう。

最大のリスクは、クレジットカードが利用停止になる恐れがあるということです
クレジットカード会社では、利用規約でショッピング枠の現金化を禁止しています。
そのため、クレジットカード会社に現金化がバレてしまうと、規約違反としてカードの利用を止められてしまう可能性があるのです。

利用停止となった後に、再開されるかどうかは分かりません。
もし強制解約ということになると、信用情報機関にも強制解約という記録が残ってしまいますので、その後に新しいクレジットカードを作るのが難しくなってしまうかも知れません。

また、クレジットカード現金化がバレてしまうと、もし自己破産となった時にも不利になってしまいます
自己破産して借金を帳消しにするには、裁判所から免責の許可を得る必要がありますが、クレジットカード現金化を行っていると、免責が不許可となってしまう場合があるのです。

裁判所に、クレジットカード現金化を行ったという証拠を掴まれる可能性は非常に低いとは思いますが、破産法で「換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為」が免責不許可事由に当たると定められているので、念のためリスクとして把握しておく必要があります。

<クレジットカード現金化のリスク>
・クレジットカードが利用停止になる可能性がある
・強制解約になったら信用情報機関に記録が残る
・自己破産が認められなくなる可能性がある

カード会社にバレないようにするための対策

それでは、なぜクレジットカード会社に、ショッピング枠の現金化がバレてしまうのでしょうか。

クレットカード会社では、これまでの膨大な利用履歴から、現金化目的が疑わしい利用について、システムで自動的に検出しています
その最たる例が、クレジットカードのキャッシング枠が上限に達している人のショッピング枠利用です。

つまり、キャッシング枠が上限に達するほど、目いっぱいにお金を借りているため、次はショッピング枠を現金化するのではないかと、目を付けられてしまうのです。

そんな要注意人物が、新幹線の回数券や高額なブランド品など、換金性の高い商品をショッピング枠で購入していると、現金化目的で購入しているのではないかと疑われてしまいます。

そして、換金性の高い商品ばかり購入していると、「明らかに現金化目的でショッピング枠を利用している」と判断されて、利用停止になってしまうのです。

その利用停止になる基準は分かりませんが、非常に少ないと思います
疑わしい人をすべて利用停止にしていたら、現金化に使っていなかった利用者からクレームが殺到してしまいますからね。
疑わしいけれど、利用停止措置を取るほどではないという人が、非常に多いのではないでしょうか。

ただ、クレジットカード会社に目を付けられないように、以下の点に気をつけておくべきだと思います。

<カード会社に目を付けられないための対策>
・キャシング枠に余裕を持たせておく
・換金性の高いものばかり買わない
・現金化目的のショッピング枠利用を繰り返さない

まとめ

クレジットカード現金化のリスクについて、解説しました。
利用停止という事態にならないように、ショッピング枠での換金性の高い商品購入には気をつけてください。

カード会社に現金化がバレるのは、自分で換金性の高い商品を購入して、現金化するからです。
クレジットカード現金化業者を利用すると、カード会社に疑われるような換金性の高い商品を購入しないため、現金がバレることはほとんどありません。

自分でショッピング枠を現金化するより、現金化業者を利用したほうが、カード会社にバレて利用停止になるリスクが少ないことを、覚えておいてください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら