弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

Amazon Mastercardゴールドは現金化に使えるカードなのか!?

実質の年会費は420円!?

Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード)には、「クラシック」「ゴールド」の2種類があります。
前回コラム「Amazon Mastercardクラシックは現金化に使えるカードなのか!?」でも紹介しましたが、それぞれの特徴をおさらいしておきましょう。

  Amazon Mastercardゴールド Amazon Mastercardクラシック
初年度年会費 10,800円
(マイ・ペイすリボ登録で5,400円)
無料
2年目以降年会費 10,800円
(Web明細書サービス利用で1,080円割引)
1,350円
(年1回以上利用すれば無料)
カード利用時の特典 Amazonでの利用
Amazonポイント2.5%還元

Amazon以外での利用
Amazonポイント1%還元
Amazonでの利用
Amazonポイント1.5%還元
(Amazonプライム会員は2%)

Amazon以外での利用
Amazonポイント1%還元
利用可能額 50万〜200万円 10万〜80万円

クラシックに比べて、ゴールドはAmazonポイントの還元率が高いのが大きなメリットです。
Amazonでカードを利用すると、利用金額の2.5%もの高還元ですから、Amazonで買い物すればするほど、Amazonポイントを獲得できます。

ゴールドは、利用可能額(限度額)も高いですから、ショッピング枠を現金化する場合でも、一度に高額を現金化できるので便利です。

ただ、ゴールドカードの難点は、年会費の高さですよね。
年会費10,800円は、大きな負担と思ってしまいがちですが、それを補ってあまりあるほどの魅力があります。

まず、三井住友カードのリボ払い「マイ・ペイすリボ」に登録すると、年会費が半額の5,040円になります。
2年目以降には、Web明細書サービスを利用すると1,080円割引で、年会費4,320円になります。

これだけでもかなり安いのですが、さらにゴールド特典として、「Amazonプライム」を無料で利用することができます
Amazonプライムは、Amazonで配信している映画・アニメ等の動画や100万曲以上の音楽を、自由に視聴できるサービスです。
Amazonでの送料もお得になるので、加入している人も多いでしょう。

Amazonプライムは年会費3,900円ですから、それを支払っていると考えれば、4,320-3,900=420円!
実質年会費420円で、ゴールドカードを持てるというのは、かなりお得だと思います

すぐにテンポラリーカードを発行できる

Amazon Mastercardゴールドでも、即時審査サービスで「Amazonテンポラリーカード」を発行できます。

Amazon Mastercardゴールドカードが発行されるまでの間、カード番号のみが発番され、利用可能枠3万円の仮カードとして使用できます
テンポラリーカードでの利用分も、商品発送後にAmazonポイントが加算されます。

即時審査サービスの利用条件は、ゴールドも次の通りです。

・9〜19時に受付可能
・満20歳以上の人
・ネットで口座振替設定ができる指定金融機関の口座を指定

ネットで口座振替設定ができる指定金融機関とは、
三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・その他一部の銀行が対象です。

ただし、クレジットカード現金化業者では、テンポラリーカードを使えないので、注意してください
Amazon Mastercardゴールドカードが届くまで待てずに、すぐに現金化したい場合は、テンポラリーカードのショッピング枠で3万円以内の商品を購入して、リサイクルショップで転売するなど、自分で現金化しましょう。

Amazonポイント還元率が高い

まだクラシックとゴールドのどちらにするか、迷っている人も多いでしょう。
ゴールドのメリット・デメリットを挙げますので、クラシックとよく比較してみてください。

<メリット>
・Amazonでカードを利用すると2.5%のポイント還元
・Amazon以外のカード利用でも1%のポイント還元
・無料でAmazonプライム会員になれる
・利用可能額が50万〜200万円と高額
・付帯保険も充実している
・即時審査サービスですぐにテンポラリーカードを発行できる

クラシックよりゴールドのほうが、Amazonポイント還元率が高い点が大きなメリットです
Amazonでの買い物頻度を高めることで、より多くのポイントをゲットできます。

利用可能額も大きいですから、ショッピング枠の現金化にも有効です。
高額で現金化すれば、クレジットカード現金化業者の還元率も高くなりますから、多くの現金を手に入れることができるのです。

付帯保険は、クラシックはショッピング補償だけですが、ゴールドは海外旅行傷害保険・国内旅行保険が付いています。
全国主要空港のラウンジを利用できるサービスもあります。

<デメリット>
・年会費10,800円がかかる
・新規入会によるポイントがもらえない
・ゴールドのため審査基準が高い
・Amazonポイントはすぐに使えない

年会費10,800円がネックですが、先ほど解説した通り、実質420円で利用できます。
「マイ・ベイすリボ」でも、毎月の支払い金額を上限に設定して、上限を超えなければ一括払いと何ら変わりません。
一括で支払えば、リボ払いの手数料もかからないので、必ず申し込みましょう。

クラシックは新規入会で2,000ポイントもらえますが、ゴールドには新規入会ポイントがありません。
ただし、不定期でキャンペーンを実施していて、7,000〜9,000ポイントをもらえることがよくあります
キャンペーンを実施している時に入会すれば、デメリットどころか大きなメリットですね。

Amazonポイントがすぐに使えないデメリットは、クラシックと同じです。
ゴールドカードの審査基準が高いという点を除けば、ほぼデメリットがないと言えるのではないでしょうか。

まとめ

Amazon Mastercardゴールドのメリット・デメリットを紹介しました。
最初は、年会費の高さに尻込みしてしまいますが、実質年会費420円で、クラシック以上にメリットが多いので、ゴールドを作ったほうがお得かも知れません。

クレジットカード現金化業者を利用する場合でも、ショッピング枠の利用額が大きければ、一度に高額を現金化できて、高還元率となります。

クレジットカードの審査に自信がある人は、Amazon Mastercardゴールドを申し込んでみてください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら