※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

クレジットカード現金化が利用停止になる仕組みとは?その対策法も教えます

自動検知システムで監視されている

まずは、クレジットカードが利用停止になる仕組みについて、解説します。

利用停止は、不正利用が疑われる場合と、利用者が返済不能になった場合の、いずれかが主な理由です。

クレジットカードを盗まれてしまったときは、第三者に悪用されないように、利用停止の措置を行います。
また、カード代金の延滞が続くなど、利用者が返済不能の疑いがあると、利用停止となってしまいます。

そして、クレジットカードのショッピング枠の現金化は、カード会社の利用規約違反となりますので、不正利用に該当するのです

クレジットカードのショッピング枠の現金化を疑われると、どのような流れで利用停止に至ってしまうのでしょうか。

クレジットカードの利用状況は、カード会社の自動検知システムによって、24時間・365日監視されています。
自動検知システムによって、過去の不正利用データを基準にして、不正利用の疑いがあるカードを自動検知しています。

この自動検知システムによって現金化が疑われた場合、いったんクレジットカードは利用停止になってしまいます。

ただ、これはあくまでも一時的な利用停止です。
クレジットカード現金化が疑われただけで、完全にバレたわけではありません

カード会社から電話がかかってくる

次の段階として、カード会社から電話がかかってきます。
本当にクレジットカード現金化を行ったのか、調査する目的です。

カード会社から「クレジットカードが不正利用されていませんか?」と、不正利用の疑いがあるかどうか確認されることでしょう

その上で、「カードで何を買ったのですか」「商品は自分で購入したのですか」「購入目的は何ですか」などと、細かく質問されることとなります。

この質問にしっかりと回答して、カード会社から「現金化目的の利用ではない」という判断になれば、晴れて一時的な利用停止が解除されて、再びクレジットカードが利用可能となります。

反対に、しどろもどろに回答してしまい、ショッピング枠の現金化の疑いが強まってしまうと、一時的ではない「利用停止」となったり、最悪のケースでは「強制解約」という処分を受けることになってしまうのです

自分自身でショッピング枠の現金化を行う場合は、いつカード会社から電話がかかってきても、どんな目的で購入したかなどをはっきりと答えられるようにしておかなければなりません。

現金化を疑われる2つの行為とは

さて、それでは自動検知システムに、現金化を疑われる行為とはどのようなものなのでしょうか。

<換金率の高い商品を購入する>
商品券や新幹線の回数券といった、換金性の高い商品をクレジットカードのショッピング枠で購入すると、自動検知システムが作動する可能性が高まってしまいます。

一度ならまだしも、複数回購入すると、ほぼ間違いなくシステムが作動してしまうでしょう。

金券類だけでなく、高級ブランド品や家電も要注意です。

確かに、商品券を大量に購入したり、同じ家電を何台も購入したりしたら、「現金化目的か?」と疑われてしまうのは、当たり前ですよね。

<キャッシング枠を使い切った状態で現金化しない>
残念ながら、クレジットカード現金化は、お金に切羽詰まっている人が利用するケースが多い現状があります。

そのため、カード会社はキャッシング枠を限度額ギリギリまで使っている人の、ショッピング枠の利用状況をとくに注意して監視しているのです。

キャッシング枠いっぱいにお金を借りた上で、ショッピング枠の利用が激増していたら、ほぼ間違いなくクレジットカード現金化を疑われてしまうでしょう。

キャッシング枠で限度額までお金を借りているときは、絶対にショッピング枠の現金化を行わないでください

まとめ

クレジットカードが利用停止になる仕組みを解説しました。

クレジットカードの利用停止・強制解約といった措置をとられた場合、信用情報に傷が付いてしまいます。

また、クレジットカード現金化の利用歴があると、自己破産などの債務整理ができなくなる危険性もあります。

自分で現金化する場合は、自動検知システムに引っかからないように、万全な対策を練ってから利用してください。

そのリスクを最小限に抑えたいなら、クレジットカード現金化業者の利用を強く推奨します。
現金化業者であれば、換金性の高い商品を購入しないので、現金化を疑われるリスクが非常に低いのです。

現金化業者を利用して、安全に現金化しましょう。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら