弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

未成年者でもクレジットカード現金化できる!?現金化業者に聞いてみました

未成年者がクレジットカードを作る条件

まずは、未成年者がクレジットカードを作るための条件について、見ていきましょう。
多くのクレジットカード会社では、次のように定めています。

・高校生を除く18歳以上が作成できる
・親権者の同意書が必要(20歳未満)
・安定した収入を得ている(親権者が保証人であれば収入がなくても作成可)

高校を卒業して、18歳で就職していれば、安定した収入を得られますが、大学や専門学校に進学した場合は、授業がありますから、アルバイトも空いた時間にしかできません。
それでは安定した収入とは言えませんが、親権者が保証人になれば、クレジットカードを持つことができますので、18歳以上の学生であっても、クレジットカードを作ることはそれほど難しくありません

利用限度額は10万~20万円と、非常に少額ではありますが、多くの未成年者がクレジットカードを持つことができると言えます。

また、クレジットカードのように使えるカードとして、デビットカードがあります。
デビットカードは、クレジットカードのショッピング枠のように、後払いで商品を購入するものではなく、商品を購入した時に、デビットカードと紐付けした銀行口座から即時に購入代金を引き落としします。

つまり、銀行口座に購入代金以上の残高がなければ、商品を購入できません。
後払いではないため、審査の必要もなく、15歳以上であれば、高校生であっても作ることができます

ただ、デビットカードでは、現金化を行う意味がありません。
銀行口座の残高内でしか使えませんから、現金化に使うよりも、銀行口座からお金を引き出せば良いだけですからね。

自分での現金化は非常に危険

多くの未成年者がクレジットカードを持つことができると分かりましたが、それでは未成年者がクレジットカードのショッピング枠を現金化できるのでしょうか。

未成年者が、自分で換金率の高い商品を購入し、それを転売することで現金化することは可能です
可能ではありますが、非常にリスクが高いため、あまりオススメできません。

なぜなら、クレジットカード会社の利用規約で、ショッピング枠の現金化を禁止しているからです。
新幹線の回数券や金券・商品券など、換金性の高い商品ばかりショッピング枠で購入していると、クレジットカード会社から現金化を疑われて、クレジットカードの利用停止になってしまうこともあるのです。

特に、ショッピング枠の空きが少ない状態で、換金性の高い商品を購入すると、クレジットカード会社は「現金化に利用しているのでは?」と警戒を強めます。
未成年者のクレジットカードは、利用限度額が少ないですから、真っ先に疑われてしまうのです

未成年のうちから、クレジットカードの利用停止という事態になってしまったら、信用はガタ落ちで、今後クレジットカードを作ることが難しくなってしまう可能性も否定できません。

現金化業者で未成年者は利用できない

自分での現金化はリスキーですが、ショッピング枠を現金化できるクレジットカード現金化業者では、未成年者でも利用できるのでしょうか。

10社の現金化業者に電話をかけて、聞いてみたところ、10社とも「未成年者は利用できない」との回答でした
なぜ、クレジットカードを持っているのに、未成年者は利用できないのでしょうか。

その理由として、現金化業者は「トラブル発生時のリスクが高い」ことを挙げています。
親権者に保証人になってもらって作っているクレジットカードですから、利用代金が支払えなくなった場合、請求が親権者にいくことになります。

その時、クレジットカード現金化業者を利用していることが判明したら、現金化業者にクレームを言ってくる親権者がいないとも限りません。
現金化業者も、そんなリスクを負ってまで、未成年者に利用してもらう必要はありません。

未成年者の利用限度額は低く、仮に現金化を利用できるとしても、利用額が少ないため、現金化業者の利益も多くありません。
利益は少ないのに、リスクは高い……
ハイリスクローリターンですから、現金化業者は未成年者と取引しないのです

もしかしたら、未成年者の利用に応じてくれる現金化業者もあるかもしれません。
しかし、そんな現金化業者は、詐欺的な業者と疑ったほうが良いでしょう。
リスクの高い未成年者と取引してまで、売り上げを挙げたいのですから、健全な業者とは言い難いのです。

まとめ

未成年者のクレジットカード現金化について、解説しました。
健全な現金化業者では、未成年者と取引することはありません。

未成年者と取引できるかどうかを確認することも、健全な業者かどうかをチェックできる項目の1つと言えそうですね。

今、未成年の人たちは、20歳を超えて、自分で安定した収入を得られるようになってから、ショッピング枠の現金化を行ってください。
自立した大人になれば、現金化業者は門戸を開いてくれますよ。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら