※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

今話題のビットコインについておさらい!現金化することもできる

そもそもビットコインって何?

ビットコインは、インターネット上で使用できる仮想通貨の1つです。
仮想通貨は、日本円や米ドルのような法定通貨とは異なり、あくまでも通貨としての機能を持つ電子データに過ぎません
仮想通貨ですから、手に取って目に見える紙幣や硬貨は存在しないのです。

1ビットコイン=1BTCという単位で表記されます。

ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。
これは、法定通貨で言えば、銀行口座に当たるものです。

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、ウォレットにビットコインを保存して、決済に利用します。

ビットコインを使うメリットとしては、次のような点が挙げられます。

<個人間で直接送金ができる>
法定通貨で送金を行う場合は、銀行などを仲介する必要があります。
しかし、ビットコインを使えば、直接相手にお金を支払うことができるのです。

<手数料が格安>
ビットコインを仲介する組織がありませんので、基本的には手数料を払う必要がありません。
銀行などで送金を行うより、はるかに安い手数料で決済できるのです。

<世界中で利用できる>
国によって通貨の単位が異なるわけではないので、世界中でビットコインを利用できます。
ビットコインでの決済が可能なお店が、世界中で増えつつあります。

価格が20,000ドルまで急騰

ビットコインは決済手段の1つとして発展してきたと同時に、投機目的としても注目を集めました。

ビットコインが誕生したのは2008年ですが、当時は知名度も低く、一部の人だけが使っているような仮想通貨でした。

その後、次第にマスメディアでも注目されるようになりましたが、ビットコインの価値は上がっては下がるの繰り返しだったのです。

そのビットコイン価格が急騰したのが2017年でした。
2017年の年初は、1BTC=750ドルだったのが、年末にかけて1BTC=20,000ドルにまで、上がったのです。

この時期には、「億り人」という言葉が話題になったように、ビットコインで多額の利益を上げる人が続出して、一躍ビットコインブームが巻き起こりました

投資家だけではなく、一般の人でもビットコインに投資するようになったのです。

しかし、急騰は長くは続きませんでした。
2017年12月に14,000ドルまで下落し、いったん17,000ドルまで持ち返したものの、2018年初には5,900ドルまで急落しました。

その後も下落は続き、2019年2月現在で1BTC=3,374ドルになっています
今後のビットコイン価格はどうなるのでしょうか。

仮想通貨取引所を利用して現金化

ビットコインで利益を得た人は、ビットコイン決済ができるお店でなければ、ビットコインを利用できません。

とはいえ、ビットコイン決済ができる店舗はまだまだ少ないのが現状です。
利益を確定するには、ビットコインを売却して、現金化しなければなりません。

ビットコインをどのように現金化したら良いのでしょうか。

<ビットコインを現金化する方法>
方法1:ビットコイン専用ATM
方法2:有人両替所
方法3:仮想通貨取引所を利用する

以前は全国の主要都市に、ビットコインATMが設置されていましたが、現在ほとんどのATMは稼働していません。
現在稼働しているのは、東京2ヶ所、茨城1ヶ所、福岡1ヶ所の4ヶ所のみとのことです。

同様に、ほとんどの有人両替所もサービスの提供を停止しています。

仮想通貨に関する法改正があったため、金融庁から認可を受けた仮想通貨交換業者でなければ、仮想通貨の取引ができなくなってしまったためです

今後、仮想通貨交換業者の認可を受けた事業者が、サービスを提供していくことでしょう。

ということで、現在は仮想通貨取引所を利用するしか、方法はありません。

仮想通貨取引所にウォレットを開設しておけば、ビットコインを売買できるほか、現金化して銀行口座へ振り込むことができます。

もちろん、ビットコインで得た利益は課税対象なので、きちんと確定申告で納税手続きを行わなければいけません。

給与所得者は20万円以上の利益が出た場合、世帯主の扶養に入っている人は38万円以上の利益が出た場合、確定申告する必要があります

金融庁は、ビットコインで利益を得た人の動向を追跡していますから、確定申告しないでいると、追徴課税を受けてしまう可能性もありますので、注意してください。

まとめ

ビットコインの現金化について解説しました。

金融庁の認可を受けた仮想通貨交換業者が提供する仮想通貨取引所にウォレットを開設して、ビットコイン取引を行うことをオススメします。

現在は、価格が下落傾向にあるビットコインですが、今後はまた上がるかもしれません。

確定申告する必要に迫られるほどの、利益を上げたいですね。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら