弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

話題になったZOZOTOWNの「ツケ払い」。与信審査に落ちてしまう理由とは!?

ZOZOTOWNの「ツケ払い」とは

人気ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」が、2016年11月から「ツケ払い」というサービスを始めました。
当時、頻繁にテレビCMも放映されていたので、ご存知の方も多いことでしょう。

「ツケ払い」とは、商品の購入代金を後払いできるシステムです

「ツケ」という言葉を、もしかしたら若い人は知らないかもしれませんね。
昔は、飲食店で常連客が「お代はツケておいて〜」なんて言って、支払いを後日にすることがよくあったのです。
最近は、ツケを認めるお店をほとんど見かけなくなりました。
なにせ、請求書や借用書を発行するわけでもなく、口約束ですからね。
お店の常連となるくらいの信頼関係がなければ、普通は後払いなんて認められません。

ところが、ZOZOTOWNのツケ払いは、ヘビーユーザーでなくても、初めての利用であっても、後払いすることができるのです。

ツケ払いでは、最大54,000円(税込)まで商品を購入できます。
商品を購入してから2ヶ月後の支払い期限までに、コンビニや銀行振込で支払います。
また、ツケ払いには手数料324円(税込)がかかります。

もし、高く売れるファッションアイテムを入手できるなら、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化のように、ツケ払いでも現金化できそうですね。

学生や未成年の利用が相次ぐ

ツケ払いは、クレジットカードを持っていなくても後払いできるということで、学生や未成年など若者の利用が相次ぎました。

未成年が利用するためには、親の同意を必要としていますが、申し込みページで「保護者の同意を得たうえで利用する」にチェックを入れるだけ。
実際には、親の同意がなくても、簡単にツケ払いで購入できてしまうのです

そのため、サービス開始当初から懸念されていましたが、無計画にツケ払いで購入して、代金を滞納してしまう若者が増えてしまいました。
若者にとってみれば、限度額54,000円(税込)のクレジットカードを無審査で手に入れたようなものですからね
収入がなかったとしても、クレジットカードのショッピング枠のように、簡単に買い物ができてしまうのです。
買い物したものを売ってしまえば、現金化もできます。

未成年であっても利用できるツケ払いですが、ごく稀にツケ払いを利用できない人もいるようです。
どうして、ツケ払いを利用できないのでしょうか?

与信審査に落ちてしまう5つのワケ

ツケ払いは、実はZOZOTOWN独自のサービスではなく、決済代行企業であるGMOペイメントサービスの「GMO後払い」というサービスを利用しています。

そのため、「GMO後払い」の与信審査の基準に満たないと、サービスを利用することができません。
しかし、GMO後払いの与信審査の基準は、開示されていません。
仮に審査に落ちても、その理由を教えてくれることもありません。

そこで、与信審査に落ちてしまう理由として、一般的によくあるケースについて解説します。

<購入金額が高すぎる>
とくに、ツケ払いを初めて利用する人は、購入金額が30,000~40,000円と高い場合ですと、与信審査に落ちてしまうこともあります。
初めてですから、きちんと支払ってもらえるか分からないですからね。
ツケ払い上限の54,000円は、何度か利用して、遅れることなく支払った人が使える金額だと思います。
最初は、多くとも20,000円以内にとどめたほうが良いでしょう。

<未払いの代金がある>
他社で「GMO後払い」を利用していて、未払いの代金がある場合は、審査に通るはずがありません。
審査に落ちてしまったという場合は、未払いの代金がないかどうか確認してみてください。
すでに支払い済みでも、業者側で入金を確認するには2~3営業日かかることもあるので、余裕をもって支払ってください。

<登録した電話番号やメールアドレスの信用性が低い>
ツケ払いで購入する時の個人情報として、050から始まるIP電話や、Hotmailなどのフリーで取得できるメールアドレスを登録すると、与信審査に落ちてしまうことがあります。
それらは無料で、しかも匿名でも登録できてしまうため、信用性が低いのです。

ただ、無料で取得できるGmail、iCloudメールは、多くのアプリや決済サービスとも連動しているため、使い捨てしにくく、信用性も高いメールと言えます。

<登録した住所が実在しない>
住所を間違えて入力するなど、実在しない住所を登録してしまうと、架空の住所を登録したとみなされて、審査に落ちてしまうことも。
よく確認して、住所は正確に入力してくださいね。

<同居人に未払いの代金がある>
自分自身はきちんと支払いをしていても、同じ住所で登録している同居人が後払いを利用していて、未払いになっていると、与信審査が通らないようです。
自分に落ち度がない場合は、ちょっと気まずいですが、同居人に未払いがないか確認してみてください。

まとめ

ZOZOTOWNの「ツケ払い」について、与信審査に落ちてしまう理由を解説しました。

・購入金額が高すぎる
・未払いの代金がある
・登録した電話番号やメールアドレスの信用性が低い
・登録した住所が実在しない
・同居人に未払いの代金がある

ツケ払いができなかった場合は、上記の5つに当てはまっていないか、確認してみる必要があります。
学生や未成年でも利用できるほどですから、基本的には未払いがなければ、多くの人が利用できるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠が上限いっぱいだけれど、「現金が欲しい!」という時は、ツケ払いを活用して現金化するというのも1つの手です。
もちろん、クレジットカードのショッピング枠が上限いっぱいになっているなら、その後の支払いも大変でしょうから、くれぐれも計画的に現金化してくださいね。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら