弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

スピード違反でキップを切られてしまった!!罰金を分割できるの?

「プラス10km/h未満は捕まらない」はウソ!

スピード違反は、正式な交通違反名として「速度超過」といいます。
自動車・バイクで、「標識や標示で定められた最高速度」「標識や標示がない道路では法定速度」を超過して走行すると、違反となるのです。

法定速度は
・一般道  60km/h
・高速道路 100km/h
ですね。

速度超過は、もちろん1km/hでもオーバーすると、取り締まりの対象となります。
それなのに、周りの人から「プラス10km/h未満なら捕まらない」なんて、言われたことはありませんか?
それは事実ではないので、鵜呑みにしないでください。
プラス10km/h未満でも、捕まった事例は山ほどありますよ

何より、スピード違反は、交通事故を引き起こすリスクを高めてしまいますから、決められた速度を守って、安全に運転しましょう。

スピード違反には反則金と罰金がある

スピード違反は、超過した速度によって、点数と反則金が異なります。
違反を犯した道路が、一般道か高速道かによっても、異なるのです

速度超過の違反点数、反則金(一般道・高速道路)

超過速度 違反点数 反則金
1~14km/h 1点 9,000円
15~19km/h 1点 12,000円
20~24km/h 2点 15,000円
25~29km/h 3点 18,000円
30~34km/h 一般6点、高速3点 一般罰金、高速25,000円
35~39km/h 一般6点、高速3点 一般罰金、高速35,000円
40~49km/h 6点 罰金
50km/h~ 12点 罰金

一般道では超過速度29km/hまで、高速道路では超過速度39km/hまでのスピード違反は、いわゆる青キップを切られて、反則金を支払います。
しかし、一般道で超過速度30km/h以上、高速道路で超過速度40km/h以上のスピード違反になると、赤キップを切られて、6ヶ月以下の懲役か最大10万円の罰金となってしまうのです

赤キップの場合、違反内容に異議がなければ、裁判所に出頭する必要のない「略式裁判」で罰金額が決まります。
超過速度に応じて、罰金5万~10万円となることが多いようです。

しかし、80km/h以上の速度超過の場合は、略式裁判が認められず、通常裁判となります。
また、スピード違反が原因で重大な交通事故を起こした場合も、通常裁判となるでしょう。

原則として罰金の分割はできない

スピード違反の反則金は10日以内に支払う必要があります

罰金の場合は、略式裁判で罰金額が決まってから、2~3週間後に納付書が郵送で届きます。
納付書では、納付期限が2週間以内に設定されています。

納付期限までに支払いがないと、督促状が届きます。
それでも支払わないと、労役を科されてしまうのです。
労役とは、刑務所内の工場で軽作業の労働をすること。
日当5,000円なので、10万円の罰金なら20日間拘束されて、労役することになります。

労役となると、雑居房に寝泊まりするので、もちろん自宅には帰れません。
仕事にも行けませんから、最悪の場合、会社をクビになってしまうかもしれません。

とはいえ、罰金10万円を支払えない場合、分割にできるのでしょうか。
原則として、罰金は分割払いにできません

しかし、どうしても支払えない場合は、検察庁の徴収係に相談に行くと、分納願いを出して、検察官の許可を取ってくれることもあるようです。
ただし、10万円程度の罰金では、分納が認められないケースの方が多いのではないでしょうか。

罰金を払うお金が手元にないなら、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法もあります。
クレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者に依頼すれば、当日中に現金を手に入れることができますよ。

まとめ

スピード違反の罰金について、詳しく解説しました。
超過速度が多くなるにつれ、最大10万円もの罰金を支払わなければなりません。

そして、原則として罰金は分割できません。
検察庁の徴収係に相談すれば分納できる可能性もありますが、支払いが免除されることはありません。

どうしても罰金が支払えない時は、クレジットカードのショッピング枠に空きがあるかどうか、お手持ちのクレジットカードを確認してみてください。
現金化業者に依頼して、クレジットカードのショッピング枠で指定商品を購入することで、すぐに現金化することができます。
お金を工面したい時には、ぜひ活用してみてください。

しかし、スピード違反は、罰金の問題だけではありません。
スピードの出し過ぎで交通事故を起こしたら、人を殺めてしまうこともあるのです。
それで、人生を棒に振りたくないですよね。
急いでいる時こそ、スピードを出し過ぎず、安全運転を心がけたいものです。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら